PS4/PS VITAゲームやろうぜ!!

PS4、PS VITAの最新情報を主に提供しています。プレイ日記や雑談もありっ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭用ゲーム機向け本格的ゲーミングヘッドセット『HyperX Cloud Silver』レビュー 

DQ11


 家庭用ゲーム機向けヘッドセット『HyperX Cloud Silver』レビュー
 

Kingston Technologyのゲーミングブランド『HyperX』より去年の12月16日に発売された家庭用ゲーム機に最適化したヘッドセット『HyperX Cloud Silver』のレビューになります。サンプル提供ありがとうございます。

IMG_1694.jpg IMG_1695.jpg

パッケージは黒を基調としたデザインになっており中々カッコいいです。早速箱を開けてみるとこんな感じでヘッドセットの他にクイックスタートガイドの他に持ち運びに便利なトラベルポーチあどが収められています。

IMG_1845.jpg IMG_1847.jpg

ヘッドセットの他に着脱式のフレキシブルタイプのマイクにPC用延長ケーブルも付属しています。本製品はPS4の他にXbox One、WiiU、PC、スマートフォンでも使用可能です。

接続方法


61n.jpg

ヘッド部分・カップ部分について


IMG_1832.jpg

ヘッドのアーム調整は最大で8段階から調整可能。自分はアームが一番広がる8段に設定していますが特に問題もなく多少首など降ってもズレることもなく着け心地も悪くないです。ヘッドセットはアルミニウムフレームで出来ているので、長時間に渡って使用した時の耐久性も問題なさそう。

イヤーパッドは低反発素材を用いていてレザー素材のヘッドバンドにより3時間くらいぶっ続けで使ってみましたが、長時間装着しても耳が痛くなることもなくヘッドバンドの締め付け感もほとんどないのでゆったり被れて快適です。メガネをかけて使用もしてみましたが、耳辺りが痛くなったりなどもお起きず特に問題はありませんでした。

マイク部分について



取り外し可能なノイズキャンセリングマイクは簡単に付け外し可能です。フレキシブルタイプの可動式マイクなのでポジションを自由に調整することができます。ヘッドセットのマイクを差し込む端子には元々カバーが付いているのですが、このカバーは完全に取り外す形になるので紛失の可能性ありです。取り外したらちゃんと保管しておきましょう。今後の製品では一番は外れないようなタイプにしてくれるとうれしい。

肝心のマイクの性能ですが、PS4内でボイスチャットを行った感じだと結構クリアに聞こえているようです。相手の方に聞いてもみましたが聞き取りやすいとのことなのでこもりもほとんどなく聞こえているんだなと思います。マイクの感度は最初高いように感じるので、ここは接続機器の方で少し調整したほうがいい感じです。

インラインオーディオコントローラーについて


IMG_1844.jpg IMG_1843.jpg

ヘッドセットから伸びるケーブル上にダイヤル式タイプのボリューム調整(調整の際に無音には出来ないけどかすかに聞こえるくらい)とスライド式タイプのマイクミュートの機能を操作するコントローラーが実装されています。音量調整やマイクのために設定画面を開くことなく手元で調整することができるので便利です。ケーブルもメッシュ式なので断線にも強いと思います。

実際に使用してみた感想


PS4ゲームで実際に使ってみた感想は53mmの大口径ドライバーから出る音はサラウンド効果も期待以上で驚きでした。重低音、高音なども聴いてる限りではバランスも良い感じで迫力もありゲームに没頭出来ます。どの方向から音が鳴っているか(定位)もしっかりしている感じです。特にFPS系のゲームはどの方向で戦闘しているか、付近の足音など重要となってくる音も聞き取れて相手よりも少し優位に立てるかもしれません。

FF15では戦闘BGMや環境音はヘッドセットで聴くとまた聴こえ方も変わって面白いですね。特に環境音は聴いてて心地よいです。ふらふらとレガリアや徒歩で歴代FFの音楽流しながらドライブしたり散策するのも楽しいですよ。

PCにも繋げてiTunesの音楽も聴いてみたのですがこちらでも良い音出してくれますね!低音から高音まで今まで聴こえにくかった音や細かな音まで聴こえたりとゲーム以外にも音楽用としても使えるなと思います。

ゲーミングヘッドセットはこれまで使ったことがなかったのでどんな感じかなと思っていたのですが、今回使ったみて自分が思っていた以上に着け心地も良くサウンドバーやホームシアターシステムで聴く物とはまた違った良さがあることを教えてくれました。値段もエントリーモデルから上位モデルと予算や自分の環境に合ったのも選べますしヘッドセットもこれから買う選択肢に加えたいところです。



関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。