PS4/PS VITAゲームやろうぜ!!

PS4、PS VITAの最新情報を主に提供しています。プレイ日記や雑談もありっ!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~新型PS3には65nmCell採用~ 

AV Watchの記事を引用
■ 新PS3には「65nm」Cell採用。騒音は最大時で6dB低下

最初に気になるのは、なにより新型PS3の構造である。低価格化の秘密について、平井氏は次のように説明する。

PLAYSTATION 3(CECHH00シリーズ)
「当然のことながら、“明日やろう”といって出てくるようなハードではないので、年末商戦に向けて、ずいぶん長く検討していました。どの辺が適切なんだろうか? そういう議論をする中で、現実的なラインで実現できるのはどこだろう、ということで導き出したのが39,980円、399ドル、というところです。じゃあ、それに向けてどのようなコストダウンをしなければいけないか、という組み立てで考えてきました」。

「その中で、まずはシリコンのプロセスをシュリンクしよう、ということです。Cellの方は、シュリンクしたものが使われています」。

新型PS3のCellは、半導体プロセスを65nm世代の新チップが使われている。プロセスルールが変更されるということは、それだけ消費電力が下がる、ということである。

「シリコンのコストが下がるのはもちろんですが、消費電力が下がると、電源の面で、これまでよりもワンランク、パワーの低いものでOK、ということになります。熱処理も楽になりますから、放熱のフィンを少なくするなど、コスト的に有利になります」。

平井氏はそう語る。これは、PS2の低価格化と、まったく同じアプローチといえる。グラフィックチップであるRSXはまだ90nm世代のようだが、それでも、効果は大きいのだろう。最大消費電力は、既存モデルの380W(最大)から280Wへと低下している。

このことは、静音化にもプラスに働いている。別途SCE技術陣から開示を受けた情報によれば、新型PS3は、これまでのモデルに比べ、ファンが最大に働いた際の騒音が、およそ30dBになっているという。これまでのPS3の場合、同様の条件では36dBであるとのことだから、6dBの静音化である。これはもっとも動作音が大きい状態での比較だ。

 BD再生時などの「ファンがそこそこ回っている」の騒音レベルも、従来機種よりも静かになっているものと期待できそうだ。
                      
以下、省略

新型PS3はシュリンクしてるようですね!

あと互換性の事やこれからのPS3について語っています。

このPS3で多くのユーザーが増えることを祈ります。
応援してるよPS3!!

「新型PS3の秘密」と「これからのPS3」- SCE平井社長に聞く39,980円の理由
SCE平井社長が語る新型PS3、Cellは65nm


関連記事

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。